FAQ|こんな『履歴書』は落とされます

履歴書の書き方
履歴書は手書きじゃなければダメ?

これは、実は何とも言えません。担当者によります。

自分は、手書きではなくWORDやEXCELで作られた履歴書だからといって、それだけで不採用としたことはありません。

履歴書は、所詮は単なる情報です。オリジナリティを出すようなものではありませんから、個人的には手書きにこだわる必要はないと思います。

手書きの方が良い場合

まず、自分の字の上手さも、アピールポイントである場合には、積極的に手書きをすべきだろうと思います。

また、古い企業、明らかに年齢層が上の方が採用担当であるという場合に、「履歴書は手書きであるべきだ」と思っているケースは少なくありません。そう判断できる場合には、手書きの履歴書を提出するべきでしょう。

ただ、字を書くのが遅かったりして、履歴書を含めた書類全般の中身が雑になってしまうぐらいなら、パソコンで作ってしまった方が良いと思います。

手書きする場合の注意点

基本的に、修正テープ・修正液の利用はいけません。

また、略字などを使って書くことも絶対に避けてください。

書き間違えた数字を、上書きしてごまかすのもよくありません。

これらの全ての行為は、受け取った側からすれば、「雑な人」と思うか、「うちの会社を軽んじている」と思えます。

このようなことをするぐらいなら、データで提出した方がまだ良いでしょう。

パソコンで作った方が良い場合

『手書きの方が良い場合』の部分でも書きましたが、手書きをすると雑になってしまうようであれば、思い切ってしっかりデータを作りましょう。

また、IT企業・コンサルティング会社のように、基本的にデータの扱う能力が求められているような会社でも、データの履歴書で良いと思います。

「PCを使って正しくキレイにデータを作成できるか」ということは、相手も気にしているところです。

上手にアピールしてください。

パソコンで作る場合の注意点

よく見かけるのが、『フォント混ざり』です。

『フォント混ざり』というのは、ある部分はゴシック、ある部分は明朝というように、フォントを混ぜて使うことです。

手書きに置き換えて考えると、ある部分はボールペン、ある部分はサインペンで書かれているようなものです。

『フォント混ざり』がないように、気を付けなければなりません。

もっとよく見かけるのが、『半角/全角混ざり』です。

数字は、基本的には半角で使います。

というのも、ビジネスは基本的に数字・お金が大切です。

そういう観点から、現金を計算する時の文字を使うのがベストです。

まぁ現実には、履歴書に使うような数字は全角でも構いません。

だとしても、全角と半角が混ざっているようなことは避けなければなりません。

同じぐらいよく見かけるのが、『バラバラなフォントサイズ』です。

フォントサイズは、きちんと統一しましょう。

フォントサイズを変えるのが許されるのは、以下の場合です。

  • ある部分だけ強調したい場合
  • 数字だけ1段階大きくするような場合
  • フリガナなどのように、性質上大きさを変えることが想定されている場合だけです

同じ項目の中で、文字のサイズが区々になっているのは良くありません。

※補足

多くのフォントで、数字は文字よりも少し小さめです。そのため、フォントサイズを合わせるために、数字だけ1段階大きくするような場合は少なくありません。

パソコンで作る場合の注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする